Warum passieren die Verletzungen so oft bei BVB?

Kleine Impression nach dem CL-Spiel gegen Zenit.

Gerade habe ich das CL-Spiel von BVB nach langer Zeit erst mal gesehen. Man merkt sofort, dass das große Loch von Gündogan nocht nicht ersetzt wurde.   Es ist richtig hart für die Planung des Trainers, dass ein unersetzbar Schlüsselspieler fehlt, der den Ball am Fuß ruhig hält, sicher verteilt und dadurch das Spieltempo ruhig […]

ドルトムントの怪我人が出る理由

2014年3月19日 CL ゼニト戦雑感

久しぶりにドルトムントの試合を観たけれど、ギュンドアンの穴が大きすぎる。 ボールを持ったときにボールを落ち着けて散らしながらリズムをコントロー ルできる選手がいないのはキツすぎる。 サヒン一人を潰してしまえば、選択肢はかなり絞れる。スプリントの量が増えれば、プレーの質も落ちてしまう。   プレーの質が落ちれば、必然的に走る距離が増えて、ますますミスが増える、そしてますます走らざるを得ず、体に掛かる負荷増え、怪我人が出るという悪循環。たぶん、走行距離そのものよりもスプリントの頻度と距離がかなり伸びているはず。スプリントの距離が増えていれば、それは主にディフェンスで走らされていることを意味する。   来シーズン、多少無理してでも、ボランチの選手を取ったほうが良いような気がする。    

Schlüssel des Trainings

Guardiolas Spielstil und Rondo

  Ich bin zur Idee gekommen, als ich dieses Video gesehen habe: Sie machen ständig und ohne Pause “Rondo”, um die Ausdauer der Konzentration fürs “One-Touch-Football” ohne bzw. mit wenigen physischen Belastungen zu trainieren.   Wenn diese Vermutung richtig sein kann, habe ich etwas begreifen. Ich vermute, dass nur diese Trainingsmenü “Rondo” selbst nicht effektiv […]

トレーニングの鍵

ペップ・グアルディオラのスタイルとロンド

  バイエルンの練習を見ていて思ったけど、もしかしたら、このロンドを長い時間ひたすらやり続けるのって、1タッチ、2タッチでのポゼッションのために必要な集中力の持久力を身体の負荷がそんなにかからない状態でトレーニングしているのかもしれない。   見えてきた気がする。あれはロンド自体が効果的なわけではなくて、グアルディオラの、あのスタイルのサッカーをするからロンドが効果的なのであって、ロン ドをすればグアルディオラのサッカーが出来るわけではない。グアルディオラに限らず、他の監督がいかにメニューを組むのか分かってきた。

Das Wort “die Kondition”

In letzter Tage bin ich im Zweifel, wie das Wort “die Kondition ” auf Japanisch anwenden soll. Auf Japanisch ist die Kondition die Dinge zu “stimmen” bzw. “anzupassen”, nicht zu “verstärken” oder “hart zu trainieren”. Aber auf Deutsch trainiert man manch mal richtig hart mit den hohen Belastungen, wenn es nötig ist. Ich finde, hier […]

「コンディション」という言葉

最近、「コンディション」という言葉の使い方が気になっている。日本語だとコンディションは「整える」ものであって「鍛える」とは言わない。でも、こっち でコンディション・トレーニングというと、かなり負荷の高い「鍛える」と言われるようなものも含まれる。この辺がポイントになりそうだな。   もしかすると、昔の翻訳がカタカナ和製英語になって、日本語(それを話す文化圏の)のバイアスがかかって、いろいろ用法に誤差が出ているのかもしれない。   とりあえず、「コンディション」と言う言葉に関して言えば、やっぱり「一試合で90分走りきれる状態に持っていく」、「一シーズン怪我なく、フルパフォー マンスを発揮できる状態に持っていく、ないしその状態を極力維持できるようにする」というニュアンスが一番合っている気がする。   だから、やっぱりコンディションは「調整」するものだと思う。そう考えると、「〇〇の能力を鍛える」という考え方、特に身体面では、この「鍛える」と言う 言葉は、もしかすると弊害の方が多いかもしれない。というのも、「鍛える」という言葉には、どこか上限がないような印象があるからだ。   「調整」だと、そのときに必要な負荷を過不足なくやるような感じで、どんなに 負荷の高いトレーニングでも、常にオーバーロードを避けられるような印象がある。そう考えると、やっぱり、フィジオとか専門的なコーチがいるのは大きい な。モウリーニョはたぶん、その辺の知識を自分で持っているんだろうな。 とりあえず、「フィジカルを鍛える」というような言葉が減って、「90分動ける状態(コンディション)に持っていく」、「シーズン通して怪我なく、フルパ フォーマンスを発揮できる身体の状態(コンディション)にする」というような言葉が使われるようになる環境になると良いなあ。 そう考えると、「コンディション」って、文字通り「状況、状態」のことなんだな。コンディション・トレーニングって、「必要なとき(試合)にベストな状態に仕上げる」トレーニングって考えると、すっきりするな。